「第31回マンションリフォームマネジャー試験」の実施

マンションリフォームにおいては、区分所有やマンション管理、共同住宅ならではの建築構造、設備等、その特殊性をふまえた適切な計画や施工が不可欠です。居住者の要望を実現し、付加価値の高いリフォームを行うために、これらをマネジメントするマンションリフォームのスペシャリストが求められています。これまでの試験合格者は延べ10,997人。

マンションリフォームマネジャーは「マンション標準管理規約」(国土交通省)の第34条関係コメントで「専門知識を有する者」として位置づけられています。

今回から一部合格者の試験免除期間を2年から4年に延長し、受験者にとって受験しやすい制度に変更されます。

試験日:10月2日()

詳細はこちらから → https://mrm.chord.or.jp/landing/