設計から完成までの流れ


建築士事務所(建築設計事務所)の業務(建築設計・工事監理)の 報酬基準は建築士法に基づいて 国土交通大臣の告示(国土交通省告示第1206号)により定められております。
当協会所属の建築士事務所(建築設計事務所)は、この告示に基づいて適正な 設計監理報酬で 建築設計と工事監理を行うよう、 不断の研鑚と業務遂行に努力しております。

建築の計画や設計から工事完成まで

各プロセスはこのような目的で行われます。


建築の目標を定め、計画・設計のための条件を設定します。
建築行為の発意により規模や内容を問わず、多くの関係者の一員として加わり複雑多岐にわたる問題を解決し、又発注者の立場に立って企画進行を行い、円滑に進行し成功裡に完成するよう企画の運営を行い諸条件をまとめる仕事です。

調査研究・企画を基に構想を練り条件の総合化を図り基本構想を確定します。


基本構想(計画)等に基づき建築の空間構想を具体化し、建築物を確定します。

発注者から示された与条件に従って建物の平面、空間の構成、各部の寸法や面積、建築的・設備的備えるべき機能、主な材料や使用機器の種別と品質、予算とのバランスなどを検討し、それらを総合して内外のデザインを立案する仕事です。

【基本設計に含まれるもの】
[1]建築(総合)基本設計
[2]建築(構造)基本設計
[3]電気設備基本設計
[4]給排水衛生設備基本設計
[5]空調換気設備基本設計
※各設計にはすべて情報収集・準備、条件設定、比較検討、総合化、成果図書の作成が含まれています。


基本計画に基づき工事実施と見積もりに必要でかつ十分な設計図書を作成します。
基本設計によって決定した建築計画に基づき、デザインと技術の両面にわたり細部の検討をさらに行い、実施計画書の形にまとめ、発注者の承認を得た上で工事請負契約図書の一部とします。

【実施設計に含まれるもの】
[1]建築(総合)実施設計
[2]建築(構造)実施設計
[3]電気設備実施設計
[4]給排水衛生設備実施設計
[5]空調換気設備実施設計
※各設計にはすべて情報収集・準備、条件設定、比較検討、総合化、成果図書の作成が含まれています。



工事請負契約がなされようとした時点から監理業務となります。工事期間中は設計図書を補う様々の方法により設計意図を施工者に明確に伝達し、施工図書を検討・審査する中で設計意図の具体化を行うとともに、監理者として品質管理に参画し、工事が請負契約書などに示された諸条件に従って、工事が適切に運営されるよう監理する仕事です。

【監理にふくまれるもの】
[1]工事監理
・設計意図を施行者に正確に伝える業務
・施工図等を設計図書に照らして検討及び承諾する業務
・工事の確認及び報告
・工事監理業務完了手続

[2]工事契約及び指導監督
・工事請負契約への協力
・工事費支払審査及び承諾を行う業務
・施工計画を検討し助言する業務

通常の設計や工事監理・監督に含まれないもの

契約内容によっては異なりますが、一般的に次の業務は通常の設計監理業務に含まれません。次の業務が必要となるときは『その他の業務』又は『特別経費』として別途加算されます。

[1]工事費内訳明細書。(概算書を除く)
[2]設計の前提となる条件策定のための調査・企画。
[3]建築確認申請以外の各種法令手続きのための資料作成及び申請手続きへの協力。
[4]補助金又は融資等の手続きのための資料作成。
[5]近隣問題対策のための資料作成及び近隣説明。
[6]特殊な解析を必要とするときのコンピューターの利用。
[7]設計説明用として作成する以外の模型及び透視図などの作成。
[8]テナント・インテリア工事のための設計。
[9]建築主の都合その他条件の変化による設計変更の処理。
[10]出張旅費、特許使用料等。