木造住宅耐震診断

山梨県木造住宅耐震診断について

わが国では阪神大震災・中越地震最近では中越沖地震などの地震が多く発生しています。
中でも木造住宅の被害も多く見られ多数の死傷者が出ました。耐震化率を90%にするという国策におきまして木造住宅耐震診断を国・山梨県・市町村の負担により平成15年度から実施されてきました。

今年度も市町村単位で耐震診断を実施しております。
受付をしていない市町村もありますので詳しくは居住市町村にお問い合わせください。
  • (社)山梨県建築士事務所協会は、診断業務の窓口として判定業務と取りまとめをしています。
    診断業務に関しましては診断受信者の費用負担はありませんので、診断をお受けすることをお勧めします。
    • 調査内容は、間取り・柱の傾斜・筋違いの有無(押入れ等から天井裏又は床下にて確認)です。
    • 建築当時の図面などありましたらご用意下さい。

山梨県木造耐震補強補助金交付申請について

市町村経由耐震診断(平成15年度より実施)実施者は市町村の補助金を受けられます。
詳しくは居住市町村にお問い合わせください。
  • 補助金は耐震補強工事に係わる工事費の1/2以下かつ60万円を限度とする。補助金および補助内容については、市町村により異なる場合があります。
  • 申請に係わる提出書類の書式は各市町村により若干異なりますので各市町村より入手してください。
  • 書類審査会は原則として週1回としますので予め予定日を確認して一週間前までに予約してください。